心 ・ 先生と遺書(八)

Asuka:

「私は今まで叔父任(まか)せにしておいた家の財産について、詳しい知識を得なければ、死んだ父母(ちちはは)に対して済まないという気を起したのです。叔父は忙しい身体(からだ)だと自称するごとく、毎晩同じ所に寝泊(ねとま)りはしていませんでした。二日家(うち)へ帰ると三日は市(し)の方で暮らすといった風(ふう)に、両方の間を往来(ゆきき)して、その日その日を落ち付きのない顔で過ごしていました。そうして忙しいという言葉を口癖(くちくせ)のように使いました。何の疑いも起らない時は、私も実際に忙しいのだろうと思っていたのです。それから、忙しがらなくては当世流でないのだろうと、皮肉にも解釈していたのです。けれども財産の事について、時間の掛(か)かる話をしようという目的ができた眼で、この忙しがる様子を見ると、それが単に私を避ける口実としか受け取れなくなって来たのです。私は容易に叔父を捕(つら)まえる機会を得ませんでした。
  私は叔父が市の方に妾(めかけ)をもっているという噂(うわさ)を聞きました。私はその噂を昔中学の同級生であったある友達から聞いたのです。妾を置くぐらいの事は、この叔父として少しも怪(あや)しむに足らないのですが、父の生きているうちに、そんな評判を耳に入れた覚(おぼ)えのない私は驚きました。友達はその外(ほか)にも色々叔父についての噂を語って聞かせました。一時事業で失敗しかかっていたように他(ひと)から思われていたのに、この二、三年来また急に盛り返して来たというのも、その一つでした。しかも私の疑惑を強く染めつけたものの一つでした。
  私はとうとう叔父(おじ)と談判を開きました。談判というのは少し不穏当(ふおんとう)かも知れませんが、話の成行(なりゆ)きからいうと、そんな言葉で形容するより外に途(みち)のないところへ、自然の調子が落ちて来たのです。叔父はどこまでも私を子供扱いにしようとします。私はまた始めから猜疑(さいぎ)の眼で叔父に対しています。穏やかに解決のつくはずはなかったのです。
  遺憾(いかん)ながら私は今その談判の顛末(てんまつ)を詳しくここに書く事のできないほど先を急いでいます。実をいうと、私はこれより以上に、もっと大事なものを控えているのです。私のペンは早くからそこへ辿(たど)りつきたがっているのを、漸(やっ)との事で抑えつけているくらいです。あなたに会って静かに話す機会を永久に失った私は、筆を執(と)る術(すべ)に慣れないばかりでなく、貴(たっと)い時間を惜(おし)むという意味からして、書きたい事も省かなければなりません。
  あなたはまだ覚えているでしょう、私がいつかあなたに、造り付けの悪人が世の中にいるものではないといった事を。多くの善人がいざという場合に突然悪人になるのだから油断してはいけないといった事を。あの時あなたは私に昂奮(こうふん)していると注意してくれました。そうしてどんな場合に、善人が悪人に変化するのかと尋ねました。私がただ一口(ひとくち)金と答えた時、あなたは不満な顔をしました。私はあなたの不満な顔をよく記憶しています。私は今あなたの前に打ち明けるが、私はあの時この叔父の事を考えていたのです。普通のものが金を見て急に悪人になる例として、世の中に信用するに足るものが存在し得ない例として、憎悪(ぞうお)と共に私はこの叔父を考えていたのです。私の答えは、思想界の奥へ突き進んで行こうとするあなたに取って物足りなかったかも知れません、陳腐(ちんぷ)だったかも知れません。けれども私にはあれが生きた答えでした。現に私は昂奮していたではありませんか。私は冷(ひや)やかな頭で新しい事を口にするよりも、熱した舌で平凡な説を述べる方が生きていると信じています。血の力で体(たい)が動くからです。言葉が空気に波動を伝えるばかりでなく、もっと強い物にもっと強く働き掛ける事ができるからです。

 

我开始觉得,如果我不弄清楚到目前为止委托给叔父的家产的去向会对不起死去的父母。就像叔父自己说的,他很忙,每晚都不住在同一处。两天回家三天住在市里,就这样来往两地之间,每日都不得宁静。忙也成了他的口头禅经常挂在嘴边。对他没有起疑时,我也以为他真的很忙,并且还讽刺地将此解释为不忙就不是现代人了。而当我想花些时间谈谈和财产有关的事情时,看见他这副忙碌的样子,便觉得这不过是他避开我的借口。我很难找到和叔父面对面的机会。
我听说叔父在市里纳妾。这是从我以前的中学同学那里听说的。叔父纳妾并不稀奇,但父亲在世时却不曾听过,我有点惊讶。我还从朋友那儿听说了叔父各种传闻。其中一则是有一个时期人们都以为他事业快失败了,而这两三年突然急速回升。这一点更加重了我的疑惑。
我终于得以和叔父开始谈判。说谈判或许有些不恰当,但从谈话的进展来看,用这个词来形容是再自然不过的。叔父到底还是把我当孩子对待,我又是头一次以猜疑的态度来面对他,事情没有得到稳妥的解决也无可奈何。
虽然抱歉,但我急着往下写,现在不能详细叙述谈判的来龙去脉。说实在的,我有更重要的东西要写。我的笔尖一早已经去往那个方向,好不容易才被压制住。我永久地失去了和你见面平静谈话的机会,不仅不习惯执笔,更从珍惜时间的意义上来说,想写也不得不省略作罢。
你还记得吧,我曾对你说过的,这世上没有天生的坏人,许多好人会在某一场合突然变成坏人,因此不得大意。那时你提醒说我很激动,并且追问我在什么情况下好人会变成坏人。我只回答一个‘钱’字,你似乎不满。我时常想起你不满的表情。我现在告诉你,那时我是想起了这位叔父。这就是普通人看见钱突然变成坏人以及世上并无可信任之事的例子,我一想起这位叔父便厌恶得不得了。我的回答,或许对于你这样一个想深入探索思想领域的人而言是不够的,或许你会认为是陈腐的,但于我,这就是活生生的答案。此刻我不也是激动的吗。比起头脑冷静地说新鲜事,我更相信用炽热的舌头对普通事情的讲述,那是热血涌动的力量。语言不仅能让空气波动,更能强有力地作用在坚硬的事物上。

评论
热度(2)
  1. 养山Asuka 转载了此文字

© 养山 | Powered by LOFTER